店長日記

気嵐(けあらし)の朝     2017.11.22

 氷見漁港近くの海岸線から見た朝の風景

keara1

 立山連峰の稜線がくっきりと見えます。立山黒部アルペンルートは今月30日で営業を終了します。

keara2

この気嵐目当ての写真愛好家がたくさん来られますが

チャンスは少ない・・・!

ブリ到来  2017.11.10

 一雨ごとに寒さが増し、いよいよ冬が近づいて来たと感じられる今日この頃です。氷見漁港にも冬の味覚「ブリ」が水揚げされるようになりました。

氷見漁港より堤防越しに立山連峰。気嵐(けあらし)が出る日は、風が弱い快晴の朝によく見られます。

hgy2

セリ場に並べられたブリ

hgy1

これから日ごとに脂がのり

美味しくなっていきます。

立山カルデラ砂防体験学習会 その2

 白岩砂防堰堤は、高さ7基の副堰堤を合わせて落差108mになり、日本一。大正2年に富山県が着工し平成21年に国の重要文化財に指定されています。

kar8

砂防堰堤の山側は、大量の土砂がせき止められ広い河原のようです。

kar9

一方谷側は狭く急峻な地形になっており、万が一ここが崩れるようなことになると大変なことになるのは誰でも予想がつくと思います。

kar10

六九谷展望台 立山カルデラ全体が見渡せる展望台です。五色ヶ原の鳶山が安政5年(1858年)大地震により崩れ大量の土砂で埋め尽くされています。残念ながら立山連峰の稜線は雲に隠れ見えませんでした。

kar11

泥鰌池 安政の地震の時、土砂によりせき止められた池。放流されたドジョウやニジマスがいるとか・・・?

kar12

昭和初期にはまだ営業していた立山温泉の貴重な写真

kar13

小さいがタイル張りの浴槽が今も残っています。

kar14

雲間から鳶山がようやく顔をみせました。手前に大崩れしたんですね~。

kar15

林道真川線をバスで折立を経由して有峰ダムへ 博物館に無事に到着で体験学習会の終了です。

kar16

立山カルデラ砂防工事は

大自然の大きな営みに

人間が蟻のようにコツコツと立ち向かう

終わりの無い挑戦のようなものだ。

一般開放観光化の話も出ていると聞きます。

立山カルデラ砂防体験学習会 その1

 商工会議所の催しで、立山カルデラ砂防体験学習会に参加しました。まず、砂防博物館で立山カルデラについて見学と説明があります。そのあと全員ヘルメット着用でトロッコ電車に乗り出発です。

kar1

学習会の案内をしてくださる方々です。

kar2

トロッコ電車は狭く乗り降りの際頭をぶつけそうになります。

kar3

早速、砂防ダムが見えてきました。

kar4

雪の多いところなので、工事期間は限られています。

kar5.jpg

何十回ものスイッチバックを繰り返し、水谷平に着きます。

kar6

水谷平で昼食をとり長いトンネルをくぐると、ここで作業する人たちの施設 天蓋の湯があります。私たちはその前に設けられた足湯に浸からせてもらいました。

kar7

この後、バスに乗り

高さ日本一、初の国指定重要文化財の

白岩堰堤に向かいます。

初秋の白木峰 1596m  2017.9.10

 富山県と岐阜県にまたがる白木峰は、穏やかな山並みと高山植物の豊富な山として多くの登山者に親しまれている山です。特に、初夏から盛夏にかけて咲き乱れるニッコウキスゲのシーズンは、大勢の登山客がおとずれる人気の山です。

登山口は8合目(1320m)の駐車場から。

srk1

木々に覆われた急坂を登ります。

srk2

40分ほど頑張ると白木山荘が見え道は緩やかになります。

srk3

気持ちの良い笹原を太子堂まで歩くと、小白木峰方面が見えます。ここで大長谷発電所の取水口から登ってきた単独行登山者と会いました。ちなみにここまでのコースタイムは4時間です。

srk4.jpg

日本300名山 白木峰山頂

srk6

浮島方面は所どころに池塘が点在する湿原になっています。

srk7

浮島が登山道の終点です。

srk8

白木峰の登山者は、ほとんどの方がここを訪れます。

srk9

シーズンオフでも8合目駐車場は

20台ほどでほぼ満車。

シーズン中の混雑はそりゃもう大変!

シャトルバスの計画もあるとか・・・?

芳ヶ平湿原(草津白根)  2017.8.12

 平成26年6月から草津白根山の湯釜を中心として噴火警戒レベルが2となり半径1km以内立入禁止の規制がなされていましたが、火山性地震の減少などで噴火警戒レベルが今年6月に3年ぶりに1に引き下げられました。これにより、白根山レストハウスや駐車場、芳ヶ平ヒュッテなども営業が再開され、ようやくかつての賑わいを取り戻しているようです。

 ラムサール条約にも登録されている芳ヶ平湿原は、レストハウス駐車場からなだらかな歩道を1時間ほど下ったところにあります。

ysg1

ヒュッテの車や工事車両が走れるように幅があります。

ysg2

活火山の象徴ともいえる噴気孔帯の近くを通ります。草木は枯れ、「硫化水素に注意」の看板が何ヶ所か設置されています。

ysg3

湯釜を包んでいる白根山の山並み

ysg4

芳ヶ平方面は緑一色

ysg5

宿泊もできる芳ヶ平ヒュッテには、大きなワンちゃんが2匹います。

ysg6

周遊できるようになっている湿原は、とても静かで神秘的です。

ysg7

ysg8

遥か遠くに白根山がかろうじて見えるほどに天候が回復してきました。

ysg9

ここへは渋峠からも来ることができ

草津まで続く道が整備されています。

季節を変えてまた来たいと思います・・・。

志賀高原 四十八池  2017.8.11

 今年のお盆は天候があまり良くないうえに蒸し暑い。少しでも高所で涼しいところを目指して志賀高原へ、あまり汗もかきたくないので、高層湿原歩きに決めました。

熊の湯前山リフトに乗り四十八池へ向かいます。

sij1

歩き始めてじきに渋池に着きます。

sij2

幅の広い歩道をゆっくり小一時間も歩くと、森が開け四十八池に着きます。

sij3

四季折々の高山植物が咲く素晴らしい湿原です。お盆の割には人影が少ないように思えました。

sij4

志賀山・大沼の分岐点近くにある志賀山神社の鳥居

sij5

湿原越しに志賀山 頂上からはオーシャンブルーの大沼が見下ろせます。

sij6

ここは3回目ですが

いつ来てもさわやかな気分になります。

立山室堂散策     2017.8.2

 某クラブの企画で立山の室堂の散策に行ってきました。今年はまだ梅雨明け宣言もされておらず天気が心配でしたが、当日はまずまずの空模様です。

みくりが池から立山

tty1

散策路に咲くシナノキンバイ

tty2

室堂小屋の近くで見つけた黒百合の花

tty3

チングルマの群生

tty4

周遊を終えて、玉殿湧水でウィスキーの水割りをいただきました。

tty5

玉殿湧水で飲む水割りは

誰もが「美味い!」

と大好評!!( ^ω^)・・・でした。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

いらっしゃいませ。中村海産です。当店はさくら干し(みりん干し)専門店です。すべての商品は主原料から副原料に至るまで保存料・着色料は一切使用しておりません。
店長日記はこちら

ページトップへ