店長日記

立山カルデラ砂防体験学習会 その1

 商工会議所の催しで、立山カルデラ砂防体験学習会に参加しました。まず、砂防博物館で立山カルデラについて見学と説明があります。そのあと全員ヘルメット着用でトロッコ電車に乗り出発です。

kar1

学習会の案内をしてくださる方々です。

kar2

トロッコ電車は狭く乗り降りの際頭をぶつけそうになります。

kar3

早速、砂防ダムが見えてきました。

kar4

雪の多いところなので、工事期間は限られています。

kar5.jpg

何十回ものスイッチバックを繰り返し、水谷平に着きます。

kar6

水谷平で昼食をとり長いトンネルをくぐると、ここで作業する人たちの施設 天蓋の湯があります。私たちはその前に設けられた足湯に浸からせてもらいました。

kar7

この後、バスに乗り

高さ日本一、初の国指定重要文化財の

白岩堰堤に向かいます。

初秋の白木峰 1596m  2017.9.10

 富山県と岐阜県にまたがる白木峰は、穏やかな山並みと高山植物の豊富な山として多くの登山者に親しまれている山です。特に、初夏から盛夏にかけて咲き乱れるニッコウキスゲのシーズンは、大勢の登山客がおとずれる人気の山です。

登山口は8合目(1320m)の駐車場から。

srk1

木々に覆われた急坂を登ります。

srk2

40分ほど頑張ると白木山荘が見え道は緩やかになります。

srk3

気持ちの良い笹原を太子堂まで歩くと、小白木峰方面が見えます。ここで大長谷発電所の取水口から登ってきた単独行登山者と会いました。ちなみにここまでのコースタイムは4時間です。

srk4.jpg

日本300名山 白木峰山頂

srk6

浮島方面は所どころに池塘が点在する湿原になっています。

srk7

浮島が登山道の終点です。

srk8

白木峰の登山者は、ほとんどの方がここを訪れます。

srk9

シーズンオフでも8合目駐車場は

20台ほどでほぼ満車。

シーズン中の混雑はそりゃもう大変!

シャトルバスの計画もあるとか・・・?

芳ヶ平湿原(草津白根)  2017.8.12

 平成26年6月から草津白根山の湯釜を中心として噴火警戒レベルが2となり半径1km以内立入禁止の規制がなされていましたが、火山性地震の減少などで噴火警戒レベルが今年6月に3年ぶりに1に引き下げられました。これにより、白根山レストハウスや駐車場、芳ヶ平ヒュッテなども営業が再開され、ようやくかつての賑わいを取り戻しているようです。

 ラムサール条約にも登録されている芳ヶ平湿原は、レストハウス駐車場からなだらかな歩道を1時間ほど下ったところにあります。

ysg1

ヒュッテの車や工事車両が走れるように幅があります。

ysg2

活火山の象徴ともいえる噴気孔帯の近くを通ります。草木は枯れ、「硫化水素に注意」の看板が何ヶ所か設置されています。

ysg3

湯釜を包んでいる白根山の山並み

ysg4

芳ヶ平方面は緑一色

ysg5

宿泊もできる芳ヶ平ヒュッテには、大きなワンちゃんが2匹います。

ysg6

周遊できるようになっている湿原は、とても静かで神秘的です。

ysg7

ysg8

遥か遠くに白根山がかろうじて見えるほどに天候が回復してきました。

ysg9

ここへは渋峠からも来ることができ

草津まで続く道が整備されています。

季節を変えてまた来たいと思います・・・。

志賀高原 四十八池  2017.8.11

 今年のお盆は天候があまり良くないうえに蒸し暑い。少しでも高所で涼しいところを目指して志賀高原へ、あまり汗もかきたくないので、高層湿原歩きに決めました。

熊の湯前山リフトに乗り四十八池へ向かいます。

sij1

歩き始めてじきに渋池に着きます。

sij2

幅の広い歩道をゆっくり小一時間も歩くと、森が開け四十八池に着きます。

sij3

四季折々の高山植物が咲く素晴らしい湿原です。お盆の割には人影が少ないように思えました。

sij4

志賀山・大沼の分岐点近くにある志賀山神社の鳥居

sij5

湿原越しに志賀山 頂上からはオーシャンブルーの大沼が見下ろせます。

sij6

ここは3回目ですが

いつ来てもさわやかな気分になります。

立山室堂散策     2017.8.2

 某クラブの企画で立山の室堂の散策に行ってきました。今年はまだ梅雨明け宣言もされておらず天気が心配でしたが、当日はまずまずの空模様です。

みくりが池から立山

tty1

散策路に咲くシナノキンバイ

tty2

室堂小屋の近くで見つけた黒百合の花

tty3

チングルマの群生

tty4

周遊を終えて、玉殿湧水でウィスキーの水割りをいただきました。

tty5

玉殿湧水で飲む水割りは

誰もが「美味い!」

と大好評!!( ^ω^)・・・でした。

馬場島から中山へ  1255m  2017.6.18

 久しぶりに馬場島へ出かけました。早月尾根を登ったり、盛んに山スキーをやっていた頃よく来た所です。かつて中山は頂上まで片道を往復するルートでしたが、今は東小糸谷経由で周遊することができます。

馬場島は曇り 小窓尾根と剱岳の頂上がかろうじて見えています。

nky1

登山口は馬場島から少し下った立山川沿い 標高約700m

nky2

急な登山道を標高1200m地点くらいまで登ると立派な立山杉に何回も出会います。

nky3

登山口からわずか1時間半ほどで頂上です。残念ながら剱岳は雲で霞んでいます。

nky4

東小糸谷の下りにはいくつかの沢がありますが、この沢には木道が整備されていました。

nky5

東小糸谷を下りきると立山川に出ます。車道を川沿いに10分ほどで馬場島へ着きます。剣岳の登山口に立ち寄ってみました。

nky6

nky7

「試練と憧れ」

いろいろと思い出すことがあります。

小佐波御前山 754m  2017.6.14

 小佐波御前山は標高こそ754mとそんなに高くはないが、山容は大きくどっしりと構え、富山平野から見ても存在感のある山である。登山道も広くきれいに整備されており、多くの人に手軽に登られている人気の山です。

猿倉森林公園駐車場からスタート

oza1

お花畑の階段を10分ほど登ると、猿倉山のシンボル「風の城」に到着

oza2

見晴が良く富山平野が見渡せます。

oza3

目指す小佐波御前山(台形の山)が見えます。

oza4

御前山神通峡ふるさと歩道は、幅があり木陰が多く気持ちが良い。

oza5

山野草も豊富。野アザミ・ホタルブクロ・キンラン・トンボソウ他見つけました。

oza6

途中にある獅子ヶ鼻岩 ロープも何もガードが無いので足がすくみます。

oza7

ヤマボウシがよく目に入ります。

oza8

小佐波御前山頂上は展望の利かないところですが、この先に広場があります。

oza9

山頂でお会いした徳島県からの方

10日ほど前に家を出発して

山歩きをしながら北海道まで旅をして

8月下旬の「おわら風の盆」の頃に

再び富山県に来る予定、とお聞きしました。

なんとも素晴らしい!!お気をつけて!

好天に誘われて 大辻山 1361m

 あまりの好天に思わず出かけてしまった大辻山。下界では夏日だが、標高1000mを越えても暑い山登りとなりました。

長尾峠から5分ほど林道を下ったところにある取付き

otj1

ブナ林は日陰を作ってくれるが、今日は蒸し暑い

otj2

立派な立山杉も道中にいくつか見られます。

otj3

イワウチワロード

otj4

ゆっくり1時間半かけて頂上へ着きました。

otj5

展望の良いところに腰かけのんびり景色を堪能

otj6

この展望が目当ての登山者が多く、

天気の良い日は平日でも

大勢訪れる人気の山です。

高落葉山 1122m    2017.5.14

 水芭蕉で有名な、城端町縄ヶ池の近くにある高落葉山へ出かけました。

旧五箇山街道に続く若杉登山口は、20人以上のパーティーも含め大変賑わっています。

tko1

ラッシュに巻き込まれないように少し急ぎます。

tko2

コースタイム2時間のところ、1時間20分で標高差550mを登りました。

tko3

ブナ原生林方面の道を歩き、つくばね森林公園へ向かいます。

tko4

tko5

新緑と春に咲く花々がとても気持ち良い

tko6

tko7

tko8

原山牧場越しに散居村が見えます。

tko9

林道高清水線に降り林道を下ると、涼しげな夫婦滝が音を立てここを通る人たちを迎えています。

tko10

新緑の季節は本当に気持ちがいい!

今日はかなり暑かったのだが・・・。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

いらっしゃいませ。中村海産です。当店はさくら干し(みりん干し)専門店です。すべての商品は主原料から副原料に至るまで保存料・着色料は一切使用しておりません。
店長日記はこちら

ページトップへ